高性能で健康を叶える住まいは
「高気密・高断熱」な空間づくりが重要

空気をコントロールすることによって
快適で健康な空間をつくる

近年特に、住宅づくりにおいては「高気密・高断熱」が重視されるようになってきました。それというのも気密性・断熱性は、住む人の健康に深く関わっているため。住宅内の温度・湿度を快適に保つことで、熱中症やヒートショックなどのリスクを下げるほか、結露によるカビの発生を抑制し、アレルギーなどの低減にもつながります。目に見えない室内の「空気」ですが、その空気のコントロールが家族の健康のカギになるのです。

住宅設備を整えて
健康な暮らしを叶える

高断熱・高気密な空間によって家族の健康を守る、さまざまな住宅設備。家全体の空気を一定の温度に保つ「全館空調」や「放射(輻射)冷暖房」、結露を防いだり太陽の光を和らげるの「アルミ樹脂複合サッシ」や「Low-E複層ガラス」。
それぞれの設備の特徴からメリット・デメリットをはじめ、導入事例について掲載しています。

全館空調

全館空調イメージ
引用元HP:DAIKIN
https://www.daikinaircon.com/catalog/kanki/desica_home/feature/

全館空調とは、家中すべての「冷暖房」「換気」「空気清浄」といった空気のコントロールを、一括して行う空調システムのことを指します。基本的には24時間365日稼働し、快適な温度・湿度の中で過ごすことで健康づくりに役立つのが大きなメリット。
設備自体が目立ちにくいため、性能面だけでなく、内装のデザインやインテリアにも大きく影響をしないことが特徴です。

全館空調について
特徴や事例を見る

放射(輻射)冷暖房

放射冷暖房イメージ
引用元HP:無垢Story
https://www.yamakikensetu.com/about/attacafe.html

放射(輻射)冷暖房とは、風を使わず、熱エネルギーの放出によって室温を調節する冷暖房器具。風が起きないため、乾燥や室内の温度ムラが生じにくく、床付近に溜まりがちなハウスダストやダニを巻き上げる心配もありません。
工業施設に使われることが多い設備ですが、一般的な住宅にも導入は可能です。

放射(輻射)冷暖房について
特徴や事例を見る

アルミ樹脂複合サッシ

アルミ樹脂複合サッシイメージ
引用元HP:YKKAP
https://www.ykkap.co.jp/consumer/products/window/apsword2_neo

雨や風に強くさびにくいアルミと、断熱性の高い樹脂を組み合わせた「アルミ樹脂複合サッシ」。それぞれの長所が活かされた、軽量で丈夫、高断熱で結露の少ないサッシです。劣化が少ないためメンテナンスなどの手間をかけずに、長期間使えることも特徴です。

アルミ樹脂複合サッシについて
特徴や事例を見る

Low-E複層ガラス

Low-E複層ガラスイメージ
引用元HP:YKKAP
https://www.ykkap.co.jp/consumer/products/window/glass_lowe_thermal

Low-E複層ガラスとは、2枚のガラスの間に空気やガスを封入した複層(ペア)ガラスに「Low-E膜」と呼ばれる特殊な金属膜でガラス表面をコーティングしたもの。大きく分けて「遮熱タイプ」「断熱タイプ」の2種類があり、住宅のある地域や方角に合わせて選ぶことが大切です。
結露の発生を低減してくれるため、カビが発生しにくいことも特徴です。

Low-E複層ガラスについて
特徴や事例を見る

設計(工法)にこだわって
健康な暮らしを叶える

家族が健康・快適に暮らせる住宅づくりには、設備以外にも「全体的な構造」によるアプローチ方法もあります。
健康住宅の設計・工法の種類や、実際の事例をご紹介します。

SW工法

SW工法イメージ
引用元HP:「LIXIL」
https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/feature/02/

SW(スーパーウォール)工法とは、建材メーカーのLIXILによって開発・設計された工法です。天井・壁・床をスーパーウォールで囲む「モノコック構造」によって、家全体が大きな魔法瓶のような空間になり、さらに計画換気システムや高断熱サッシとの組み合わせで、高気密・高断熱・高耐震な住宅を実現します。

SW工法について
特徴や事例を見る

パッシブハウス

パッシブハウスイメージ
引用元HP:「PASSIVE HOUSE JAPAN」
https://passivehouse-japan.org/concept/

パッシブハウスとは、建物の性能を徹底的に上げるとともに、太陽や風など自然のエネルギーを取り入れた、冷暖房を使わなくても快適な住まいのこと。冷暖房などの設備を少なくできるため、光熱費が抑えられ家計に優しく、省エネルギーによって地球にも優しい住まいです。

パッシブハウスについて
特徴や事例を見る

設備で健康を叶えてくれる
全国の住宅会社

※県名をクリックもしくはタップをすると、その県で健康な住まいをつくるための設備や工法を取り入れてる住宅会社を見ることができます。

北海道・東北 北海道青森秋田岩手山形宮城福島
関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
中部 新潟富山石川福井長野山梨岐阜静岡愛知
近畿 三重滋賀京都大阪奈良和歌山兵庫
中国 鳥取岡山島根広島山口
四国 香川徳島愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎大分熊本宮崎鹿児島沖縄

健康住宅コラム

健康住宅の基準を客観的な数値で表した「HEAT20」や、健康住宅づくりにあたって「かかるお金」と「もらえるお金」。健康住宅に関する「気になること」について解説します。

健康住宅のお金の話

健康住宅を建てるためには、多くの断熱材や高機能な設備などが必要になるため、必然的にコストも上がってしまいます。一方で、長期的に見ると光熱費が割安だったり、住宅購入にあたって補助金を受け取ることができるという面もあります。
設備費用の例や補助金の事例をはじめ、全館空調を導入したうえで光熱費を抑えるコツなどを紹介します。

健康住宅の費用について詳しく見る

快適な健康住宅を指標化したHEAT20

HEAT20地域区分イメージ
引用元HP:「HEAT20の家-手に入れよう豊かなくらし-
(一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会)」
http://www.heat20.jp/HEAT20_pamph2018.pdf[PDF]

健康住宅を建てる上で、指標として用いられることの多い「HEAT20」。気温に合わせて全国を1~8の地域に分け、それぞれについて「断熱性」「遮熱性」など住宅外皮の性能を評価します。
「G1」から「G3」と呼ばれる3つのレベル設けられたグレードのうち、レベルの高い「G3」では「真冬でも体感温度が15℃を下回らない」など厳しい基準となり、それだけに住宅の快適性について信頼度の高い指標です。

HEAT20から分かること

HEAT20では、住宅内で健康・快適に過ごすため「体感室温」を重視しています。国内の各地域を温度帯によって1地域~8地域に区分し、それぞれの地域に対して、暖房時期の最低室温や15℃未満となる割合(室内の温度ムラをなくすため、なるべく低くあるべきとする)などが定められています。

また「UA値(外皮平均熱貫流率)」は、建物の断熱性を表し、この値が低いほど熱が逃げにくく高断熱です。HEAT20は国の基準と比べても厳しい数値が設定されており、この値を満たしていることで、住宅の断熱・気密仕様に対して一定の信頼がおけると考えられます。

HEAT20についてさらに詳しく見る