健康住宅の作り方ガイド » 【特集】健康住宅を兵庫で建てる » 加古川市の住みやすさ

加古川市の住みやすさ

加古川市ってどんなところ?

兵庫県加古川市は、兵庫県の主要都市である姫路市と明石市の間に位置する、人口20万人代後半の都市です。神戸市や姫路市などのベッドタウンとして栄えてきた経緯があり、住宅地が多くなっているほか、両市をはじめとする主要都市へのアクセスも良好ということで、現在でも神戸などで働く人が住居を構える町として人気となっています。なお、市は南北に伸びていますが、人口は鉄道や幹線道路に近い南部に集中しています。

瀬戸内海に面する加古川市は、気候は温暖で雨が少なく、晴天が多い土地となっています。冬でもあまり降雪がない反面、夏場には猛暑日や熱帯夜となる日もあるので、夏場は注意が必要です。

産業の面では、大規模な製鉄工場やウールの工場があり、靴下の生産量は日本一となっています。また、逸品として名高い神戸牛の産地としても有名です。

イベントとして有名なのが、散歩の楽しさや健康促進などを目的として毎年11月に行われる「加古川ツーデーマーチ」。全国から多数の参加者が集まります。

加古川市のアクセス

加古川市の特徴として、交通の利便性の良さが挙げられます。鉄道ではJR西日本の山陽本線(JR神戸線)・加古川線、山陽電鉄本線が通っており、兵庫県の中心である神戸・三ノ宮駅までは30分弱というアクセス。姫路や尼崎といった県内の要所だけでなく、大阪や京都、関西国際空港などへも便利になっています。

また、加古川駅にはバスターミナルがあり、市役所や他の駅などへ行く際には、市内を走るコミュニティバス「かこバス」を使うのがおすすめ。「かこバス」は、年間の総利用者数が60万人を数えるという、市民の足として非常に重要な交通機関となっています。

道路が多く、自動車があればより便利に過ごせますが、県内の交通事故発生数は平均よりも高いので、運転には注意が必要でしょう。

加古川市の周辺環境

生活の拠点としては、ニッケパークタウンというショッピングモールがあり、食品から日用品、洋服、家電、本などいろいろなものが買えるだけでなく、ショッピングや映画なども楽しめます。また、子ども広場や授乳室もあるので、小さいお子さん連れのご家族でも安心です。ショッピングモール以外にもある程度お店がそろっているので、買い物面での不便はあまりないと言えそうです。

夜は駅前などを除いて静かな雰囲気となりますが、パトカーの巡回が頻繁に行われているので、治安の面ではある程度安心できます。ただ、夜間にあまり人気のないような場所を歩くのは、できるだけ避けるようにしましょう。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら