健康住宅の作り方ガイド » 【特集】健康住宅を兵庫で建てる » 相生市の住みやすさ

相生市の住みやすさ

相生市ってどんなところ?

相生市は、兵庫県の南西部に位置する、人口3万人弱の市です。姫路市やたつの市よりもさらに西、岡山県よりの場所にあります。

南北に長い形となっており、山の多い北部、瀬戸内海に面した相生湾のある南部と、海と山の両方が市内にある自然豊かな街です。山あいの場所には公園や「羅漢の里」などのアウトドアスポット、自然や農業を体験できる「ふるさと交流館」などのスポットがあり、海寄には水産物市場や、釣りスポットとして親しまれている「野瀬埠頭」といった場所があります。

全体的に落ち着いた雰囲気の町となっており、住人によると、近隣トラブルなどが少なく、買い物にも不便はないということで、落ち着いて暮らすにはぴったりの町だと言えそうです。

また、病床数は人口1000人あたり26床あり、これは兵庫県平均、全国平均のおよそ倍。医療体制が充実した町という側面もあります。

相生市のアクセス

市の主要駅となる相生駅には、JRの山陽新幹線・山陽本線・赤穂線が通っています。姫路までは在来線で20分、神戸までは新快速で60分となっており、県内の主要都市へのアクセスは比較的良好となっています。

市内にはバスが運行されており、人々の足として親しまれていますが、やや本数が少ないという声があります。

道路を見ていくと、高速道路では山陽自動車道のインターチェンジがあり、自動車で各所に行くには便利です。また、一般道では国道や県道がある程度整備されており、駅の周辺にも駐車場が多いので、車があると便利に過ごせそうです。

相生市の周辺環境

相生市は「子育て応援都市」を宣言しており、人口減少対策、定住促進などを目的に、11の取り組みを実施しています。

移住促進に関しては、市内の賃貸住宅に入居した新婚夫婦への家賃補助や、住宅を新築・購入した際の奨励金交付などを実施。子育て世代に対しては、妊婦さんの健康診査費用の助成、出産祝い金の贈呈、子育て応援券交付、市立保育園の無料利用や認定こども園・保育所などの費用支援、中学3年生までの医療費無料、給食の完全無料といった、手厚い支援を行っています。

また、英語教育や無料の学習塾実施といった、教育面での取り組みも積極的に行っています。

こうした市の姿勢が評価され、近年では子育て世代を中心に相生市の評判が広まり、移住してきている人が増えているそうです。これから子育てをしていこうということであれば、非常におすすめの市であると言えるでしょう。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら