健康住宅の作り方ガイドHOME » 【特集】健康住宅を兵庫・大阪・京都で建てる

【特集】健康住宅を兵庫・大阪・京都で建てる

ここでは、兵庫・大阪・京都エリアで健康住宅が建てられるおすすめの工務店と、その工法を紹介しています。通気性や断熱性を重視したそれぞれの工法は、どれも魅力的なものばかり!ぜひチェックしてみてください。

健康住宅に重要な要素

快適で健康的な室内環境を保つには「高気密」と「高断熱」が重要です。気密性の高さは家の換気の効率を良くし、断熱性の高さは室内の温度差を少なくしてヒートショックや結露から住宅を守ってくれます。健康住宅はこの2点に特化しており、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。ここでは、兵庫・京都・大阪の各エリアで高気密・高断熱に特化した工法に力を入れている工務店をご紹介します。

兵庫でおすすめの健康住宅が建てられる工務店と工法

吉住工務店

吉住工務店の公式サイト
引用元:吉住工務店公式HP(http://www.yoshizumi.com/top.html)

兵庫県なら丹波市に店舗をかまえる「吉住工務店」がおすすめです。「居心地のいい家づくり」に力を入れており、性能や見た目の良さはもちろん、住む人が心にゆとりをもてるような家づくりをしてくれます。

自然素材に対するこだわりが強く、「吉住工務店がつくる家は、他と空気が違う」との声も多いそう。構造材やフローリング、下地材はすべて国産の無垢材を使用し、壁は漆喰塗りを行います。
プラスチックなどの人工素材は色あせ防止や耐久性に優れていますが、肌合いの良さを重視するならば、自然素材に注力している吉住工務店をチェックしてみましょう。

西宮市と丹波市にモデルハウスを用意しているので、実際に体感してみるのもおすすめです。西宮展示場はカジュアルなテイスト、丹波展示場は「和」を感じる落ち着いた空間。それぞれに良さがあり、空間を楽しむことはもちろん、「心地よさ」を感じられますよ。

エアパス工法
吉住工務店が採用しているのは「エアパス工法」。壁の内部に「空気層」をつくり、壁内の空気を循環させます。これにより床や壁、天井の表面温度は均一に。
夏場は換気口を開放すれば壁内の熱気と湿気が排出され、涼しく過ごせます。逆に冬場は少し暖房をつけるだけでポカポカと温まり、湿気がこもることもありません。

家全体の湿度を一定に保つことは、快適な生活を送るために重要です。エアパス工法により、機械に頼るのではなく、自然の風や陽を利用した本当にエコな住宅を実現することができます。

大阪でおすすめの健康住宅が建てられる工務店と工法

なごみホーム

なごみホームの公式サイト
引用元:なごみホーム公式HP(http://nagomi-home.com/)

健康に悪い建材や持ちが悪い建材を徹底的に排除し、多くの人が快適に過ごせる家づくりをめざしている「なごみホーム」。
シックハウス症候群のような健康被害をなくすために、自然素材を使用して健康にこだわった家づくりをしています。健康には住環境が重要だと気付き、科学的な数値をもとに健康住宅についての研究も行う徹底ぶり。住宅が完成したあとに行われる検査では、空気測定・防音測定・サーモカメラを使った断熱測定や放射能測定を実施しています。

住宅見学会や家づくりセミナーの開催にも積極的で、オーナーの協力により、住んでみた実際の感想を聞くこともできるそう。家を建てた後もオーナーとのつながりを大切にしている、評価の高い工務店です。アフターメンテナンスにも力を入れており、家が完成し引き渡しが済んだ後も、定期的に点検を実施。「家守り」と呼んでおり、完成から半年・1~5年目・8年目に点検を行っています。

クアトロ断熱
なごみホームが採用しているのは「クアトロ断熱」です。クアトロ断熱とは遮熱・断熱・調湿・透湿の4つの特徴を持つ断熱システム。家の寿命に大きく関わるのは壁の中で起こっている「結露」です。建物は内部結露を防ぐことで、耐久性が高まります。クアトロ断熱は太陽熱をカットし、壁内の温度が急激に変わることを防止。内部結露を防いでくれます。結露の防止はカビやダニを減らす働きだけでなく、内部の壁面温度のムラを減らす効果をもつので、室内環境は常に◎。

京都でおすすめの健康住宅が建てられる工務店と工法

そよかぜの家

そよかぜの家の公式サイト
引用元:そよかぜの家公式HP(http://www.soyokazenoie.com/)

京都で健康住宅を建てるなら「そよかぜの家」がおすすめです。その名の通り「そよかぜが通り抜けるような心地よい住まいづくり」を目指しており、健康住宅に対するこだわりが強い工務店です。
家づくりには、同社の代表である小川氏が設計から現場まで細部にわたり指揮をとります。お客さんのニーズに応えるのはもちろん、プロジェクトチームは経験豊富で高い技術を持った職人のみで構成。

「24時間、計画換気を行う」ことが健康な暮らしの第一歩と考えており、有害な化学物質を含んだ空気を室内から排出し、壁内の結露を防ぐ方法を追及しています。それによりダニ・カビの発生を抑え、シックハウス症候群の発症を防ぐことが可能となるのです。そよかぜの家が言う計画換気とは、窓の開け閉めで解決することではなく、家自体が計画的に換気を行い、家全体の空気を入れ替える仕組みを指します。そのために採用しているのが「外断熱工法」です。

外断熱工法
そよかぜの家が採用しているのは「外断熱法」。結露の防止やアレルギー疾患の改善に適していると言われている工法です。
使用している断熱材は、発泡材料計系断熱材である「硬質ウレタンフォーム」。独立気泡という泡の中に、熱伝導が小さなガスを含ませたもので、断熱性能はバツグン。水や水蒸気の侵入を防いでくれます。両面アルミ箔でつくられたフォームを使用しているため、結露の心配がありません。内断熱では通気性が悪くなり柱や土台が腐ってしまう恐れがありますが、外断熱だと外気による影響からも守ることができるという特徴があります。

通気性の高い家を建てたい

「理想の家とは何か?」と問われたときに、「結露しない家」と答える人は意外と多いそうです。結露しないということはカビが生えにくく、結果的に健康で快適に暮らせます。
結露に大きく関係するのは「通気性」です。結露と聞くと、寒い日の窓を思い浮かべる人も多いでしょう。結露は湿気を含んだ空気が外気に冷やされて水滴になることで発生。
室内と外の温度に差があればあるほど結露が起こりやすくなりますが、通気性に優れた家であれば、結露の原因である空気(水蒸気)の通り道をつくることが可能です。

無垢の木や珪藻土など自然素材の多くは、人間の皮膚でいう「毛穴」に似たものを持っています。たくさんの穴が空いていることは一見して気密に欠けると思いますが、この穴には水蒸気を蓄え、放出する機能が。人は暮らしの中で洗濯・入浴・炊事を行うため、水蒸気の発生は避けられません。内装材に自然素材をとりいれることで水蒸気の行き場ができ、結露対策が可能になります。

通気性はシックハウスにも大きく関係します。通気性が悪いと湿度が高くなりやすく、カビやダニを発生させる原因に。それだけでなく、汚れた空気がこもることで健康に影響を及ぼす場合もあります。空気清浄機を使用する家庭は多いですが、たとえフル稼働させても家全体の空気を入れ替えることは不可能です。

■通気性を高くするメリット

通気性を高くすると、化学物質が原因で起こるシックハウスの対策になります。現代の住宅は気密性に優れ、断熱性があがり空調管理も容易になりましたが、室内にこもった空気を排出しにくいデメリットも。
常にきれいな空気と入れ替えるには、通気性が大切です。吉住工務店のように、風通しを重視した家づくりに力を入れている工務店をチェックしてみましょう。

■おすすめの工法

通気性を高めるためにはこの3つの工法が効果的と言えます。中でもエアパス工法は四季を通して快適な室内環境をつくるのに最適。
季節に合わせて床下換気口と小屋換気口を開閉するだけで、居心地のよい空間ができます。冷暖房に頼らない生活が送れますよ。

断熱性の高い家を建てたい

近年、断熱性の高い「健康住宅」の需要が高まっています。暖かいリビングから寒い脱衣所、そして温度の高い湯船というような急激な温度差によって健康被害が発生してしまうことを、ヒートショックといいます。室温の変化により血圧の変動が激しくなったり脈拍が異常に早くなってしまったりと、心臓に大きな負担がかかってしまうのです。そうすると急に意識を失ってしまい、湯船で溺れてしまうというような危険な状態に陥ってしまうことも。これらは、住宅の温度管理がしにくい「断熱性の低い住宅」で発生しやすいと言われています。

ヒートショックによる健康被害が起きないためには、断熱性の高い家を建てることが大切です。その地域に適した断熱材を選び、家の周りを隙間なく包むようにすることで、冷たい隙間風が入るのを防ぎます。特にエネルギーロスの高い窓は慎重に選ぶようにしなければなりません。

ただし、ここで気を付けたいのが高断熱・高気密にすることで発生してしまう恐れのある「湿気」や「結露」です。壁内や床下など、見えないところで結露ができてしまうと、気付かないうちに木材が腐ってしまったり鉄が錆びてしまったりすることもあります。結露が発生すると健康被害だけでなく、住宅の寿命に大きな影響を与えてしまう恐れがあるので、シックハウス症候群を抑える自然素材の住宅建材を使用する、24時間換気システムを採用するなどの工夫が必要となってきます。

断熱性を高くするメリット

断熱性を高くすることでヒートショック対策ができるのはもちろん、遮音性も高まるので騒音被害が少なく、快適な生活を送ることができます。
また、断熱性が低いと冷暖房の効果が薄くなってしまい、部屋ごとに温度調節をしなければならないことも。断熱性を高くすることで全体的に温度調節しやすくなり、光熱費が安くなるというメリットもあるのです。

断熱性を高くするデメリット

断熱性を高くすると住宅内が密閉されてしまうため、湿気や結露が発生してしまいます。そうならないためには、通気性をよくするように換気システムの採用や使用する建材選びを徹底してください。

断熱性の高い家を建てるときのおすすめの工法

これらの工法により、壁内と室内の温度差を減らして結露を発生させないようにしたり、室温を一定にして温度差を減らしたりすることが可能です。
特に、エアパス工法を取り入れることによって換気口の開閉で夏・冬の温度調節が簡単になり、湿気を抑えるのはもちろん結露も発生しにくくなるので建物の耐久性を高められます。断熱性の高い家を建て、夏は涼しく冬は暖かい住宅を実現しましょう。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら