HOME » 木の家・健康住宅を建てる前に知っておきたいこと » 一年中快適な温度で過ごせる住宅工法

一年中快適な温度で過ごせる住宅工法

このページでは、最新のエコ住宅で見られるエアパス工法の効用など、建築工法のポイントを紹介します。

“冬は暖かく夏は涼しい”家づくりのための建築工法

建築工法の説明イメージエコ住宅のセールスポイントで“冬は暖かく夏は涼しい”というキャッチコピーを見たことがある人もいるでしょう。これは冷暖房設備というよりも家の構造にポイントがあって、エアパス工法の特徴を知ることで、その仕組みが理解できると思います。

エアパス工法は内部の空気を自然に循環させることで、家全体の温度を平均化しようという仕組み。壁の内部に通気層内壁空洞という空間を作ることで、壁体内で空気が循環するようになります。これによって、壁だけでなく天井や床の表面温度も平均化するというわけです。

冬ならリビングの暖房によって家全体が暖まり、夏なら小屋裏と床下に設置した換気口を空けることで熱気や湿気を屋外に排出することができます。こうした構造によって空気が家全体を循環することで、自然と冬は暖かく夏は涼しい家になるわけです。冷暖房効率のよさという経済面でのメリットと、換気性のよさという健康面でのメリットがあり、エアパス工法という建築工法を採用することで、住むヒトに優しい家づくりができるのです。

建築工法から考える快適な家づくり

上で触れたように換気性のよい家づくりは快適さに大きく寄与するポイントです。そこで、建築工法として高気密高断熱といった点に着目して考えてみましょう。

高性能住宅と呼ばれる家は高気密や高断熱を売りにしているものがよくあります。この場合、家の構造としては外と屋内の空気の流れを遮断して、屋内は冷暖房設備によって快適にするというもの。ただし、例えば夏の熱気を例にとると、窓からの陽射しでこもった熱気が排出されないといったデメリットもあるわけです。

一方、換気を重視した家づくりだと、例えば軒を深くして陽射しを遮りつつ、通気性を確保して室内温度を下げるといった工夫がなされています。

最新の建築工法の家であっても、こうした特性の違いがあり、より健康的な家という意味ではエアパス工法などのエコ住宅がおすすめできます。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら