HOME » さあ、健康住宅を建てよう!建築期間と流れ » 自分や家族にぴったりの施工会社を選ぶポイント

自分や家族にぴったりの施工会社を選ぶポイント

何を基準に施工会社を選ぶべきか、工務店とハウスメーカーの違いも含めて解説します。

4つのポイントでチェックするハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーの選び方の説明イメージマイホームを依頼するハウスメーカーなどの施工会社にはどんな対応を求めるべきか、ぜひとも注意しておきたいポイントが4つあります。チェックすべき要点をまとめてみたのでぜひご覧ください。

営業マンは信頼できる人物か

企業としてのハウスメーカーは実績も豊富で信頼できるとしても、担当する営業マンがしっかりしていないと打ち合わせ内容などがきちんと家づくりに反映されないこともあり得ます。逆にいえば、家づくりは信頼できる営業マンとの出会いがとても重要で、対応が遅いとか要望に応えてくれないなどの問題がある場合、その担当者の上司に相談するか、施工会社を変える方が賢明です。

希望に合ったプランを提案してくれる

依頼側の希望内容が無理難題ならいざ知らず、高額な買い物となる家づくりでは、専門家としてできる限り家族の希望に合った提案をしてくれるのがよい施工会社といえます。有名なハウスメーカーなら安心かといえば、中には企業側が売りたい仕様の家を提案してくるケースもあります。打ち合わせで要望が通らない場合、論理的な説明をしてくれるかなど細かく確認する必要があります。

予算に合わせた提案や工夫をしてくれる

ハウスメーカー側にも坪単価の一定基準があり、予算内で何でも対応できるわけではありません。それでも予算の範囲内で収まる提案や工夫をしてくれる施行会社なら信頼できると思います。予算オーバーするような提案をしてくるようなら注意してください。

保証やアフターサポートが充実している

プランと見積もりに加えて、保証アフターサポートに関する内容も複数業者を比較すると、構造躯体や設備をどこまで保証してくれるのか、無料のメンテナンスに含まれるのは何かなどがわかります。

ハウスメーカーと工務店の違いを理解する

家を建てる施工会社にはハウスメーカー工務店がありますが、その違いについてもきちんと理解しておきましょう。以下はその特徴を長所と短所でまとめたものです。

  ハウスメーカー 工務店
長所 全国展開するなど企業規模が大きい
住宅ブランドの知名度が高い
大量仕入によるローコスト住宅を得意とする
ケースもあり
地元密着型の業者が多く気候風土や
住宅事情に詳しい
長年の実績から地元での信頼度がわかる
中間マージンや固定費などが少ない
アフターサポートで小回りが利く
短所 実作業は地元の下請け業者に丸投げする
ケースがある
広告宣伝費やモデルハウスのコストが
上乗せされる
業者によって提案力や施行技術の差が大きい
組織的な営業力は弱い
地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら