健康住宅の作り方ガイド » 【特集】健康住宅を兵庫で建てる » 三田市の住みやすさ

三田市の住みやすさ

三田市ってどんなところ?

兵庫県三田市(さんだし)は、兵庫県の神戸市や宝塚市、三木市などに面している、兵庫県中央部にある市です。

1980年代よりニュータウン計画によって住宅団地としての開発や鉄道網の充実が進んだことで利便性・居住性が向上し、10年連続で日本一の人口増加率を記録した時期があったというほど人口が飛躍的に増加しました。

現在では大阪・神戸といった関西の大規模商業圏の衛星都市として存在感を持っています。その一方でのどかな田園風景も残っており、豊かな自然も楽しめる地域として、地元の人々に親しまれています。また、名産品として最近注目を集めているのは「三田牛」。兵庫県の牛肉というと「神戸ビーフ」が有名ですが、三田市ではあえて地域でのブランド化を図り、その高い品質から、現在では海外にも販路が拡大しているという人気のお肉となっています。

三田市のアクセス

市の中心となるのは、JR西日本・神戸電鉄の三田駅。尼崎駅や大阪駅までは乗り換えなしで行くことができ、三宮駅にも乗り換えが1回で住むなど、利便性は高くなっています。

また、バスに関しては市内の中心部・住宅地と新神戸駅・神戸三宮・神戸空港などを高速道路経由で結ぶ路線が整備されており、朝のラッシュ時には10分間隔で運行されているなど、神戸方面へのアクセスは非常に良いといえるでしょう。

こうした交通状況から、三田市は大阪・兵庫両方のベッドタウンとして機能しています。道路網については高速道路や国道が整備されていることから、自家用車を所有しているのであれば、ある程度動きやすそうです。

三田市の周辺環境

ニュータウン開発が進んだ三田市は、現在では市街地や新興住宅地、元からあった豊かな自然がうまく共存する街なみが形成され、特にファミリー世代にとっては暮らしやすい町となっています。

買い物スポットも充実しているので生活に不便はしにくく、大都市圏への交通網もしっかりと整備されていることから、通勤に関しても大きな不満を感じることはないでしょう。

また、三田市には教育に力を入れている、という側面があります。学力テストの平均点は阪神エリアで最も高いとのこと。子どもの教育を考えるのであれば、三田市の学校に通わせる、という選択肢を選んでも良さそうですね。

三田市では住宅費の補助もあります。例えば、夫婦いずれも40歳以下・結婚3年以内の新婚世帯には「家賃の一部補助」がありますし、子育て世帯が親と近居するため三田市内に持ち家を所有することになった場合の「登記・引っ越し費用の一部補助」などがあります。これから移住を考えるのであれば、こうした点も役所に確認しておいた方がいいでしょう。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら