健康住宅の作り方ガイドHOME » 【特集】健康住宅を兵庫・大阪・京都で建てる » 自然素材の家を兵庫で建てる

自然素材の家を兵庫で建てる

自然素材の家とは

自然素材の家とは、シックハウス症候群や化学物質過敏症などを防ぐために、合板フローリング・ビニールクロス・塩化ビニールシートなどの化学物質を含んだ素材を使用せずに建てられた家のことです。

シックハウス症候群は住宅の高断熱化・断熱化が進んだ結果、建材から発生した化学物質により室内の空気が汚染されたり、細菌・ダニ・カビが繁殖したりすることで起こる健康障害を指します。化学物質過敏症は、体が化学物質に過敏に反応し、さまざまな症状をもたらす病気です。どちらも頭痛・吐き気・湿疹などの健康障害を引き起こします。

自然素材の家というイメージは人によりばらばらで、建築の専門家でも「自然」の範囲が広すぎて困るほど。「木をたくさん使っている家」「無垢材を使用した家」「太陽光を取り入れた家」「雨水を利用した家」など、たくさんのイメージや理想が出てきます。

自然素材のメリット

自然素材は、工業製品と比べて廃棄の際に環境に負荷をかけず自然に帰せるメリットがあります。無垢材なら廃棄せずに再利用することも可能。自然素材の無垢材や漆喰に触れると、温かみやなめらかな肌触りを感じられます。素材一つひとつの表情や個性に違いがあるので、愛着も湧きやすいようです。

さらに、自然素材には無垢材や自然クロスなどの材料それぞれに断熱・調湿効果があります。断熱専用の材質には劣りますが、鉄やコンクリートよりも優秀な断熱性能を持つのが特徴。また、呼吸するように繰り返し湿気を吸収・放出する調湿効果も。室内の湿度を調節して快適な住まいを実現します。

自然素材のメリットとして素材の経年変化も挙げられますが、これは人によって好みが分かれるところになるでしょう。自然素材は時が経つに従って色の変化やキズなどが生まれてきます。この変化を楽しめるか楽しめないかで好みが分かれてしまうようです。自然素材の経年変化を味わいとして感じ取れる方がいるなら、それはメリットの一つになるでしょう。

自然素材のデメリット

自然素材の一番のデメリットは、湿度・メンテナンス・価格です。

木材の選び方

無垢材を選ぶうえで注意が必要なのは、ウレタン塗料が塗られていないかどうか。ウレタン塗料とは、ウレタン系樹脂を主成分とした塗料のことです。フローリングや木製外壁材などを傷から守るためのコーティング剤として使用されています。

ウレタン塗料自体は、国が定めた基準を高ランクでクリアしたものばかりですが、シックハウス症候群の原因になる有害なトルエン・キシレンが含まれているため、敏感な人はすぐに症状が出てしまいます。中には無垢材と称し、無垢材の柄を印刷した合板が使われる場合も…。無垢材を選ぶ際は、直接肌に触れてみるのが一番です。

自然素材の木材でよく挙げられる無垢材は人体に有害な化学物質が含まれていないため、樹木が持つ質感や香りを楽しみながら健康的な暮らしができるでしょう。断熱性や耐久性も抜群。調湿機能にも優れているので、1年を通して快適な湿度を保つことができます。年月を重ねるごとに風合いが変わっていくのも無垢材の魅力の一つです。

壁材の選び方

壁材で使用される素材に多いのが珪藻土です。珪藻土を選ぶ際に気を付けるべきなのが、合成樹脂や化学系の接着剤が混ざった珪藻土を見分けられるかどうか。珪藻土は建築材料としての歴史はまだまだ浅いほうですが、今では珪藻土という名前の商品がたくさん販売されています。珪藻土は水で練るだけでは固まらないので、にがりや石灰などのつなぎが必要。合成樹脂や化学系の接着剤は、珪藻土の穴を塞いでしまいます。すると珪藻土の特長である調湿機能と消臭機能を活かせなくなってしまうのです。珪藻土を選ぶ際は、つなぎにどんな成分が使われているか確認する必要があります。

自然素材の壁材でよく選ばれる珪藻土は、藻類の一種である珪藻(プランクトン)が海底に積もって化石になったものです。珪藻土には調湿機能があり、家の中の湿気を吸収・放出することで湿度を調節しています。珪藻土を顕微鏡で除くと、無数に広がるミクロ単位の小さな穴が。湿度が高いときは湿度を吸って蓄え、乾燥している時期に蓄えたものを吐き出すので、多湿と乾燥のどちらも起こりやすい日本の気候に適した素材といえるでしょう。ミクロ単位の穴は湿気だけでなく匂いも吸いとるので、消臭効果も期待できます。しかも、一度吸い取った匂いは閉じ込めたまま吐き出されないという優れものなのです。

塗料の選び方

塗料選びで注意しなければならないのは、自然素材の塗料に関しての明確な基準が日本にないことです。海外では、自然塗料と名乗るための明確な基準があるのですが、日本では基準や法令がありません。自然塗料と銘打って、シックハウス症候群の原因になるホルムアルデヒドを発生させるものもあります。自然由来の成分が使われた塗料を使ったとしてもアレルギーが出る場合があり、安全であるとは言い切れません。自然塗料は主成分によって人にどんな影響を及ぼすか異なるため、実際の製品の匂いを確認したりアレルギーテストを行ったりしてから選択するようにしましょう。

自然素材の塗料は、石油や合成顔料を含まないものを指します。昔は柿渋が使われてきましたが、現在は亜麻仁油・桐油・蜜ロウ・ラベンダーオイルが原料として使われることが多いようです。日本で販売されている自然塗料はドイツのメーカー製が多いですが、国内でも製造されています。自然素材の塗料の種類は、木の内部に浸透するオイル系・木の表面をコーティングして傷から守るワックス系・オイルとワックスの機能を両方兼ね備えたオイルワックス系の3種類。

主原料が天然成分なので、アレルギーを抑えることができるのがメリットといわれています。

兵庫で自然素材の家を建てられる工務店

吉住工務店

吉住工務店の公式サイト
引用元:吉住工務店公式HP(http://www.yoshizumi.com/top.htm)

吉住工務店は、専門の木材コーディネーターが選んだ国産の無垢材を使った家づくりを行っています。木材コーディネーターとは、国内のさまざまな場所にある森の所有者と木を使いたい工務店を結ぶ人のこと。木材コーディネーターは全国各地にある樹木の生育状態を把握しており、家ごとに適材適所の木を選び出します。家づくりを依頼する側は使われる木の産地が分かるので安心に繋がりますし、愛着も出てきやすいのだとか。依頼者から要望があれば一緒に製材所へ行き、自分の家で使う木材を選べます。

シーエッチ建築工房

シーエッチ建築工房の公式サイト
引用元:シーエッチ建築工房公式HP(http://www.ch-wood.co.jp/)

シーエッチ建築工房では、日本で育った木々を材料とすることにこだわっています。三重県熊野・奈良県吉野・青森県・兵庫県などの製材所と提携し、産地直送により木材を調達。木材は杉・ヒノキ・ヒバをはじめとする品質に優れた品種ばかりです。木々はそれぞれ湿気につよいもの、シロアリに強いものなど適材適所に合わせて使用されています。「生産者の顔が見えない木材は使用しない」ということを意識し、長く安らかに暮らせる住まいを造っているそうです。

ベルハウス

ベルハウスの公式サイト
引用元:ベルハウス公式HP(http://www.e-bellhouse.com/)

ベルハウスではアトピーやアレルギーのない安心な暮らしができるよう、耐久性の高いヒノキを使った家づくりを行っています。ヒノキは江戸時代から住宅用ブランドとして知られている木材。長い年月と手間暇をかけて育てられたヒノキは木目が細かく、美しい見た目の物ばかりです。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら