健康住宅の作り方ガイド » 【特集】健康住宅を兵庫で建てる » 川西市の住みやすさ

川西市の住みやすさ

川西市ってどんなところ?

兵庫県川西市は、兵庫県南東部で大阪府と面している市です。「川西市」の名前の由来は、猪名川の西側、から来ているそうです。

歴史的には非常に古くから登場してきており、6世紀前半には勝福寺古墳が作られたと伝えられているほか、源満仲(みなもと の みつなか)がこの地で源氏武士団を形成、後に鎌倉幕府を開く源頼朝を代表とする「清和源氏」の本拠地となっています。

源氏武士団結成ゆかりの場所である多田神社は今日でも市内に残っており、観光名所としても人気。市では市の在住者やゆかりのある人物、市長が認めた人物などを対象に、「源氏ふるさと大使」を任命し、地域振興のために活躍してもらっています。

近現代における川西市は、大阪を中心とする関西の経済圏で働く人々のベットタウンとして開発が進み、現在もそうした様子が色濃く表れています。

なお、北部には山あいの地域が多く、木炭やイチジク・桃・栗などが特産品として知られています。

川西市のアクセス

市内は鉄道・道路・バスといった交通網が整備されています。市の南部にある中心地の駅から大阪の都心部まで20分圏内というアクセスの良さから、大阪都心で働く人たちのベッドタウンとして人気があります。

電車に関しては、JR西日本・阪急電鉄・能勢電鉄などが通っており、利便性は比較的高くなっています。

中心となる駅は「川西能勢口駅」と「川西池田駅」の二つ。この二駅は徒歩で行き来することも可能です。

また、高速道路も通っているので、車を使って各所へアクセスするのも容易。隣接する伊丹市・池田市には大阪国際空港(伊丹空港)があり、空路を使ってのアクセスに関しても良好と言えるでしょう。

川西市の周辺環境

川西市は、住宅都市として開発が進む傍らで、古くからある寺院や文化財などが大切に保存されており、歴史を感じられる街としても人気があります。また、豊かな自然が多く残っていることから、住む環境としては非常に良い場所と言えるでしょう。

市の中心部にはショッピングモール「アステ川西」があり、さまざまな店舗が集まっていることから、買い物の利便性も良いのは嬉しいポイント。「アステ川西」には市民プラザもあり、市の事務手続きなども行えます。

また、市では近年、子育て支援にも力を入れており、現在では小学3年生まで通院医療費が無料化となっているほか、妊婦健康診査費の助成や保育所の産休明け保育、乳児保育受け入れ枠の拡大なども行っており、子育てのしやすい環境づくりを積極的に行っています。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら