健康住宅の作り方ガイド » 【特集】健康住宅を兵庫で建てる » 省エネ住宅を兵庫で建てる

省エネ住宅を兵庫で建てる

環境にやさしく経済的なことから注目を集めている省エネ住宅。

ここでは兵庫県で省エネ住宅を建ててくれる工務店についてまとめました。また兵庫県で活動している一般社団法人「健康・省エネ住宅協議会」も紹介。兵庫県における省エネ住宅事情を探ります。

省エネ住宅とは

省エネ住宅とは、ソーラー発電や断熱機能などが備わった消費エネルギーの少ない住宅のこと。家庭のエネルギー消費のうち30%も占めているのが冷暖房にかかる費用ですが、自然エネルギーを利用することで大幅に抑えられたり断熱機能によって暖房機器を使わずに室温を整えたりと、わずかなエネルギーで快適な暮らしを送れます。当然、月々の電気代を抑えることが可能です。

また温度差がないことで過ごしやすいだけでなく、ヒートショックやシックハウス症候群といった温度変化が原因で起こる症状のリスクを抑えられます。

日本だけでも1年間で約12億トン以上排出している二酸化炭素。工場だけではなく、家庭からも1割分にあたる二酸化炭素が出ています。家電を使うエネルギーを抑える省エネ住宅は、家計だけでなく地球にもやさしい住宅なのです。

省エネ住宅の特徴

エコ住宅で主に利用される自然エネルギーといえば、太陽光発電システム。屋根のうえに太陽電池モジュールを設置することで、太陽光を溜めて電力へと変換できます。

また壁やドア、窓の断熱・気密性を高めることで、暑い夏や寒い冬でも冷暖房機なしで暮らしやすい室温に調整可能。

省エネ住宅では冷暖房機が不要なため、電気代だけでなく、家電から発生される二酸化炭素の量も同時に抑えられます。

省エネ住宅のメリット

省エネ住宅のデメリット

兵庫で省エネの家を建てられる工務店

社名 吉住工務店公式サイト
吉住工務店
引用元:吉住工務店公式HP(http://www.yoshizumi.com/top.html)
特徴 風や太陽など、自然の恵みを活かした人にやさしい家作りを得意とする吉住工務店。換気しやすいエアパス工法を採用することで、1年中快適な気温で過ごしやすい家を作ってくれます。断熱材や自然エネルギーの力だけで快適な気温に整えてくれるので、電気代を大幅にカットできる省エネハウスを建てられる工務店です。
評判 予算内で理想の城を建ててくれた
いくつかの工務店に図案を出してもらいましたが、どれも理想とは違うもので「予算内では思い描いた家は建てられないのか…」と思うこともありました。しかしこちらで作ってもらった図案は自然と調和させたデザインで、私たちが想像していた「憧れの城」そのもの!依頼する決め手になりました。
気持ちいい風が吹くから過ごしやすい
自然の風が心地よく通る家で、入居してからは3ヵ月の娘がぐっすり眠るようになりました。天井が高い広々とした空間もいいですね。夫婦2人とも家へのこだわりが強く、細かなオーダーをたくさん出してしまいましたが担当の方はすべて叶えてくれました。理想の家が仕上がり、今とても幸せです。
社名 日置建設公式サイト
日置建設
引用元:日置建設公式HP(http://www.k-hioki.com/)
特徴 日置建設では、太陽や風、熱などの自然エネルギーを有効活用するオリジナルの住宅「ハイブリッド健康住宅」を取り扱っています。基礎から屋根まで、家中を断熱材で覆うことによって、高い断熱性と気密性で室温を調整。また壁の中に空気の通り道を作っているため結露やカビを防ぐだけでなく室温コントロールを行います。
評判 太陽光の差し込むリビングが◎
地域に密着した地元の工務店にお願いしたいと思っていた時に、自然素材にこだわりを持つこちらの工務店を見つけて施工を依頼しました。リビングの吹き抜けで外からの光をうまく取り込むことができて、いつも明るい雰囲気の中家族と過ごしています。
暮らしを考えたデザインで素敵な空間に!
日中は吹き抜けから日差しが入ってくるので、電気をつける必要がありません。住む人の暮らしを考えた設計で、洗濯から干すまでの動きがスムーズな導線がとくにお気に入り。自然素材へのこだわりだけでなく、建築設計のレベルが高くて、ここを選んで本当に良かったと思います。
社名 山弘公式サイト
山弘
引用元:山弘公式HP(http://www.yamahiro.org/index.html)
特徴 里山で自然と調和しながら生活していたかつての日本人の自然な暮らしにこだわりを持つ工務店です。そんな日本の住宅を現代の生活様式とマッチさせた古風ながら新しい設計が持ち味。風を取り込みやすい大きな窓や兵庫県産の宍粟の木材を使用した自然素材など自然と上手く付き合える家を建ててくれます。
評判 見学したのは実際の家!
実際に施工したお宅を見学させてもらえました。外観や収納が多いところが私の理想通り!少々予算がかかるとのことでしたが、オーバーしてでも建てたくなりました。住んでいる方から直接話を聞けたのもとても参考になって良かったです。
夏でも涼しい、和な雰囲気が漂う家
和風テイストが好きなので、京町屋のような雰囲気に惹かれて依頼しました。自然の風がうまく通り抜ける造りになっているので、夏場でもお客様を招く時以外はクーラーを使っていません。広々とした空間や風通りの良さがとても気に入っています。

ひょうご健康・省エネ住宅推進協議会

健康寿命を延ばすため、お年寄りが住みやすい家つくりを兵庫で進めているのが、ひょうご健康・省エネ住宅推進協議会です。

いつまでも健康で長生きするためには、運動や適切な食習慣だけでなく、住宅が暖かくて過ごしやすい室温で保たれていることも重要だと考えられています。

そのため、ひょうご健康・省エネ住宅推進協議会では医療・福祉関係者と連携しながら、改修が必要な住宅のリフォームや住環境の変化がお年寄りの体調に影響を与えているか健康状態を確認するなど、健康維持と増進を目的に日々活動。

健康長寿な社会には住宅の温熱環境が重要だと広く知ってもらうために、兵庫県で活動を続けています。

健康・省エネ住宅とは

「健康」の2文字がついた「健康・省エネ住宅」とは、健康に配慮された住宅のこと。断熱性や気密性が高い省エネ住宅は、外の冷たい空気が隙間から入りにくいため家が過ごしやすい温度にキープされます。そのため結露が出来にくくなってシックハウス症候群の原因となるカビ・ダニの発生を抑えたり、温度差がないことでヒートショックのリスクが減ったりと、家族の健康な毎日を守ることができます。

一般的な住宅に隠れる危険性

反対に高い断熱性を持たない一般的な住宅の場合、家全体で畳一畳分にあたる隙間が空いていることもあり、冷気がどんどん入ってきます。ただ寒いだけでなく、結露へ変わるとカビやダニが増える原因にも。結露の原因は外からの冷気だけでなく、部屋を温める温熱ストーブの水蒸気も含まれる場合があります。気付きにくいですが、断熱性が充分ではない家には目に見えない危険性が隠れているのです。

家族の健やかな毎日を支えられる健康・省エネ住宅

住宅は一生において多くの時間を過ごす場所なので、室温や建材によっては、健康に影響が及ぶ可能性もあります。住宅環境が原因で起こる健康被害といえば、建材に含まれる有害物質やカビ・ダニの発生によって起こるシックハウス症候群が有名です。またお年寄りを中心に冬場注意が必要なのが、室内の温度差で急に血圧が変化することで血管がダメージを受けるヒートショック。失神や心筋梗塞、脳梗塞にいたるケースもある怖い症状です。またヒートショックは糖尿病や高血圧など、血圧を正常にコントロールするのが難しい人にも起こる可能性があります。

シックハウス症候群やヒートショックなど、多くの人が住宅で健康被害を受ける可能性があります。大切な家族と健「幸」な毎日を送るため、健康・省エネ住宅を選ぶという選択肢も考えてみましょう。

健康・省エネ住宅が広まっている

欧米では一般的ながら日本ではまだ十分に浸透しないのが、寒暖差によって家の中で心肺停止状態に陥る「ヒートショック問題」。お年寄りを中心に入浴前後に起こることが多い症状で、家族の健康を守るために省エネ住宅を選ぶ人が年々増えているようです。

省エネ住宅にひそかなブームの火が点いていることを裏付けるように、健康省エネ住宅推進協議会が北海道から九州まで、全国に広がりを見せています。

健康省エネ住宅推進協議会は、住環境が抱える健康問題を専門家の力を借りながら消費者の目線で解決を目指す団体です。兵庫でも活動を行っており、省エネ住宅を扱う吉住工務店や日置建設、山弘といった工務店を含めた19の団体が参加しています。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら