健康住宅の作り方ガイド » 木の家・健康住宅を建てる前に知っておきたいこと » 木材へのこだわり

木材へのこだわり

このページでは、木の選び方が重要となる無垢の家について、木材の種類と特徴を紹介します。

素材の特性を活かした無垢の家で使われる木材とは

無垢の家で使われる木材の説明「無垢の家」といった時に使われる木材として代表的なものを挙げてきます。強度が強く構造材として使われることの多いのが、(ひのき)、米松など。湿気に強いという点で土台に使われるのがひばなど。これらはもともとその木が持っている特性を活かしながら、住宅性能を高めることができます。

一方で、天然素材はひとつひとつ違いがあるため、集成材のように規格統一されたパーツとして揃えることができません。そのため、材料選びや加工をする際には、専門の知識と経験を持った職人がいる工務店でないと、その特性をきちんと活かすことができないわけです。

国産の木材が無垢の家に適している理由とは

無垢材といってもその材料には国産と外材とがあり、それぞれの長所と短所を整理してみましょう。

  主な木の種類 長所 短所
国産無垢材 杉、桧、松など 腐食やシロアリによる害に強い
樹種がある
強度が強い芯持ち材に使える
輸送時の環境負荷が小さい
材料としては断面が小さめになる
生きているので割れやヒビなどが起きやすい
外国産無垢材 レッドウッド
ホワイトウッド
アピトンなど
国産無垢材より安価
材料としては断面が大きめになる
木の節が少ない
腐食やシロアリによる害に弱い
生きているので割れやヒビなどが起きやすい
輸送時の環境負荷が大きい

概ねこのような違いがあります。一長一短に見えますが、重要なのは日本で家を建てるのに適しているのはどちらかという点です。日本は欧米に比べると全般的に高温多湿となる傾向があります。その点、国産無垢材なら日本の気候風土で育っているので、耐性も強いといえます。

無垢材は生き物ともいえるので、二酸化炭素を取り込んだり調湿性能があるなど、家の空気浄化にも役立ちます。また、有害な化学物質を含まない無垢材は、アトピー喘息になるリスクが少ないのもメリットです。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら