健康住宅の作り方ガイド » 木の家・健康住宅を建てる前に知っておきたいこと » 木材へのこだわり

木材へのこだわり

このページでは、木の選び方が重要となる無垢の家について、木材の種類と特徴を紹介します。

素材の特性を活かした無垢の家で使われる木材とは

無垢の家で使われる木材の説明「無垢の家」といった時に使われる木材として代表的なものを挙げてきます。

強度が強く構造材として使われることの多いのが、杉や桧(ひのき)、米松など。湿気に強いという点で土台に使われるのが桧やひばなど。

これらはもともとその木が持っている特性を活かしながら、住宅性能を高めることができます。

一方で、天然素材はひとつひとつ違いがあるため、集成材のように規格統一されたパーツとして揃えることができません。

そのため、材料選びや加工をする際には、専門の知識と経験を持った職人がいる工務店でないと、その特性をきちんと活かすことができないわけです。

国産の木材が無垢の家に適している理由とは

無垢材といってもその材料には国産と外材とがあり、それぞれの長所と短所を整理してみましょう。

  主な木の種類 長所 短所
国産無垢材 杉、桧、松など 腐食やシロアリによる害に強い
樹種がある
強度が強い芯持ち材に使える
輸送時の環境負荷が小さい
材料としては断面が小さめになる
生きているので割れやヒビなどが起きやすい
外国産無垢材 レッドウッド
ホワイトウッド
アピトンなど
国産無垢材より安価
材料としては断面が大きめになる
木の節が少ない
腐食やシロアリによる害に弱い
生きているので割れやヒビなどが起きやすい
輸送時の環境負荷が大きい

概ねこのような違いがあります。一長一短に見えますが、重要なのは日本で家を建てるのに適しているのはどちらかという点です。

日本は欧米に比べると全般的に高温多湿となる傾向があります。その点、国産無垢材なら日本の気候風土で育っているので、耐性も強いといえます。

無垢材は生き物ともいえるので、二酸化炭素を取り込んだり調湿性能があるなど、家の空気浄化にも役立ちます。また、有害な化学物質を含まない無垢材は、アトピーや喘息になるリスクが少ないのもメリットです。

建材に適した木材の種類と特徴

スギ

日本の代表的な樹種の一つとなるスギは、本州から四国、九州まで広く分泌しているため生産量が多く、比較的低価格となっているため気軽に建築に取り入れやすいことで知られています。

ただし、近年は森林伐採などの影響から天然スギは流通しにくくなっていて、現在では人工造林されたものが増えています。スギは柔らかな質感を持っているので、構造材ではなく鴨居や廻り子、家具などの造作で使われることが多いのが特徴です。

割裂性がとても良いので、角材や板材などが自由自在に作れます。ただし材質は生産地によって異なるため、造作で使う場合でもそれに適したスギを使うのが一般的です。

ヒノキなどと同様にスギ独特の香りがあるので、建築資材に利用することで芳香を楽しむことができるのも特徴と言えるでしょう。

ヒノキ

神社や仏閣を建立するときには必ず使われるほど、建築資材としてヒノキは絶対的な信頼があります。そのため、一般建築においても土台や通し柱などの重要な部分に使われるのが特徴です。

このような構造に使用されるのは、1年経っても細胞の変化がほとんどないので芯がとても硬く丈夫という性質があるからです。

さらに湿気に強く菌や虫の侵食に耐える力も強力という特徴もあるため、多湿な日本の気候に合わせた建築が可能になるのですね。

また、伐採をすると強度が高くなる特徴もあり、ヒノキで建築した家は100年もつとも言われています。

職人の技術でカンナを使って丁寧に仕上げると、茶褐色の美しい光沢ができるので、構造材だけではなく床の間や柱などの造作材にも使われています。

ヒノキにはリラックス効果を与えてくれる香りがあり、さらに湿気にも強い耐性を持っているので、お風呂にも使われることが多く、ヒノキ風呂の材料としても有名です。

アカマツ

最近、造林面積が増加しているのがアカマツです。心材は褐色ですが、大木は赤褐色や黄色みがかった淡い桃色などカラーバリエーションが多く、辺材は黄白色で美しいグラデーションになるのが特徴です。

マツの種類の中でももっとも重硬と言われているアカマツは、木材にするとしっかりとした硬さがあるので、建築材としては表面に出ない部材に使われることが多いようです。

ただし、狂いが少ないという特徴はあるものの、マツは油分が多くヤニも出やすいという性質があります。そのため長期にわたって使用していると、材面にヤニが出てくることもあるので、室内装飾や造作材として使う場合には注意が必要です。

また、しっかり乾燥出来ていないと青色や黒色に変色してしまうこともあるので、伐採後はできるだけ早く乾燥させなくてはいけません。

このようにいろいろと手間がかかるアカマツですが、造林されているのでそれほど高額ではないものの、樹齢の長いアカマツの場合はかなり高くなります。

反対に、造林されている若いアカマツは割れたり、歪んだりするため構造材としてはほとんど使われることはありません。

ケヤキ

小学校のシンボルとして見かけることが多く、また有名な並木道にも植えられていることが多いケヤキは、とても重硬で狂いが少ないという特徴があります。重硬であれば狂いがないのが当たり前と言うイメージがあるかもしれません。

しかし、重硬と狂いはリンクしているものではないため、ケヤキはその両方の特性を持っている貴重な建築資材と言えるでしょう。

また、優れた耐朽性あるので、古代の日本の建築資材としても多用されていました。強靭でありながら加工はしやすいという実用性の高さは構造材としてはもちろん造作材にも非常に適しています。

ケヤキには如輪杢や玉杢、葡萄杢、牡丹杢、笹杢などたくさんの種類がありますが、その中でも如輪杢は最高級と言われていて、高値で取引されています。

貴重な広葉樹の一種ですが、近年の和風建築ブームを受けて需要が高まっている人気の木材と言えるでしょう。

クリ

クリが建築資材になるイメージはないかもしれませんが、実はとても優秀な木材です。乾燥させるまでにはかなり時間がかかりますが、その代わり耐久性にも耐水性にも優れているので、湿度の高い日本にとても適した木材になります。

心材の耐久性も非常に高く、これは他の建築材料と比べると段違いで、最高のランクとなっています。クリは特に腐食しやすい家屋の土台に使われることが多く、耐性にも優れていることから虫の害を受けにくいというメリットもあります。

害虫駆除ができなかった時代には、クリを建築の土台に使うのが一般的だったようです。またしっかり乾燥させれば、弾力性がありながら狂いが少ないという建築資材としては最高のパフォーマンスを得られるのはクリならではの魅力です。

ただし、昔よりも蓄積量は減少していますし、造林するところも少ないため、クリを使った建築というのはとても希少価値が高いと言われています。ですので、最近では最小限のロットで土台を作り、その周りを他の木材で埋めていくという建築方法が主流になっているそうです。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら