健康住宅の作り方ガイド » 木の家・健康住宅を建てる前に知っておきたいこと » 注文住宅VS建売住宅

注文住宅VS建売住宅

憧れの一戸建てを手に入れる場合、2つの選択肢があります。

注文住宅と建売住宅です。

そこで本記事では、注文住宅と建売住宅について比較をしていきます。

意外と知らないメリットやデメリットが見つかるかもしれません。ぜひご一読ください。

注文住宅のメリット

注文住宅

間取りが自由

建売住宅の間取りは最初から決まっています。

一方、注文住宅は間取りから決めることができます。

キッチンを大きくしたり、子供部屋の数を調整したり、和室と洋室を好きな数だけ設定したり、とにかく自由自在です。

2世帯住宅にしてもいいですし、離れを作っても構いません。

自由度の高さが注文住宅最大の魅力と言えます。

素材にこだわることができる

建売住宅は既に建築された住宅なので、使う素材を選ぶことはできません。建材や使われた接着剤の種類によっては、シックハウス症候群になってしまうこともあります。

注文住宅は素材から選ぶことが可能なので、その気になれば自然素材の建材だけを使うことができます。

自然素材の家はシックハウス症候群が発生しづらいので、子供がいる家庭は安心です。

その他、多くのこだわりを実現できる

オーダーメイドであることを活かし、住宅の機能を好きなように設定できます。

例えば地震に備えて免震や制震ユニットを始めから組み込めますし、防音材や断熱材を通常より増やすこともできます。省エネルギー性を重視した建築も可能です。

注文住宅のデメリット

予算が高い

注文住宅は設計から行います。建材も調達しなければなりません。

建売住宅にはない工程がたくさんあるので、それぞれにコストがかかってしまいます。

また、オーダーメイドとなると、アレがしたいコレがしたいと欲張ってしまう傾向があります。

結果的に、建売住宅に比べてどうしてもお金がかかってしまうのです。

打ち合わせの手間がある

注文住宅を作るには工務店との打ち合わせが欠かせません。

場合によっては何度も打ち合わせを繰り返す必要があり、なかなか着工に至らない場合もあります。

住めるようになるまで時間がかかる

注文住宅は工事の期間があります。実はこの間にコストがかかることがあるのです。

例えば、それまでの住宅を取り壊して同じ土地に新しい住宅を建てるとします。

住宅を壊してから新しい住宅の引き渡しを受けるまでの間は、一時的にマンションやアパートを借りて別のところに住むことになります。

このときに家賃がかかるため、住宅費用以外のコストが発生する可能性があるのです。

建売住宅のメリット

建売住宅

価格が安い

何と言っても価格が安いのが建売住宅です。

デザイン料や設計料がかからないことと建材が規格品であることなどから、低価格で手に入れることができます。

「せっかくマイホームを持つのなら一戸建てがいい。でもあまりお金がない」という人は、建売住宅の方が向いているかもしれません。

イメージ通りの家に住める

完成している建物がある時に限りますが、建売住宅は前もって内覧ができます。実際に見た住宅と同じ間取り、デザイン、機能を持った家に住めるのです。

注文住宅は「建ててみたけどイメージと違った」ということがありますが、建売住宅はイメージと実物との差が極めて少なくて済みます。

「こんなはずじゃなかった」が少なくなるのは大きなメリットです。

土地が手に入る

注文住宅は借地上に建てることもあり、その場合には借地料が発生します。住宅ローンに加えて土地代まで払わなければならなくなり、負担が大きくなります。

一方、建売住宅は通常土地とセットで売りに出されています。土地と住宅が意外な低価格で同時に手に入るのは嬉しいポイントです。

建売住宅のデメリット

場所を選べない

注文住宅は土地探しから始まります。土地さえあれば、好みの立地に住宅を持てるのです。

しかし注文住宅の場合は、既に立地も住宅も決められています。

好きな場所に建てられないと言うのは、通学や通勤、日々の買い物などの面でデメリットとなることがあります。

素材を選べない

建売住宅はコストを抑えた規格品をメインに使います。「無垢材を使いたい」「自然素材にこだわりたい」などの希望は基本的に叶いません。

また、使われた材料によってはシックハウス症候群が発生する場合があります。せっかく手に入れたマイホームが原因で苦しむ可能性があるのです。 

クオリティに難がある(場合がある)

建売住宅はある意味大量生産品です。

建売住宅の販売メーカー側も、建売住宅建築の際にはコストを抑えて利益を出そうとします。

このため、丁寧に建てられたオーダーメイドの注文住宅に比べると、建売住宅はクオリティ面で劣ることがあります。

もちろんしっかり作られた建売住宅の方が多いのですが、クオリティ面の難がある可能性があることは頭に入れておきましょう。

まとめ

価格面のメリットがある建売住宅に比べ、注文住宅は自由度の高さがセールスポイントとなります。

突き詰めて考えると、金額面さえクリアすれば注文住宅の方が様々な面で勝っていると考える人が多いのではないでしょうか?

家は一生の買い物です。後悔しないように選んでください。

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら