健康住宅の作り方ガイド » 木の家・健康住宅を建てる前に知っておきたいこと

木の家・健康住宅を建てる前に知っておきたいこと

このカテゴリーでは、一般住宅との違いや、健康住宅に使用する木材の特性など、木の家・健康住宅に関する基礎知識を紹介しています。

家族が快適に暮らせる木の家・健康住宅の基礎知識

概要から最新工法まで、詳細ページでは健康住宅にまつわるお役立ち情報を以下のテーマにそってまとめてみました。

そもそも健康住宅とは、どんな住宅のこと?

現在、健康住宅には明確な基準が定められた法的規制はありません。一方で、シックハウス症候群の問題などもあり、健康に害のない家づくりに取り組んでいる施工会社も増えています。詳細ページでは一般的な住宅とどんな違いがあるのかも含めて、健康住宅の概要を整理してみました。

「そもそも健康住宅とは、どんな住宅のこと?」ページを見る>>

住まいで得られる健康効果

有害物質を使わないことで、アレルギーやシックハウス症候群を起こさない健康な暮らしができるのは健康住宅の大きなメリットですが、原材料の問題だけが住むヒトの健康に影響するわけではありません。例えば、室内の温度差が大きければヒートショックのリスクが増えますし、湿気がこもりやすいとカビやダニなどの発生原因になります。このように、健康住宅ならばこういったリスク回避ができる点などを紹介します。

「住まいで得られる健康効果」ページを見る>>

木材へのこだわり

構造材をはじめ天井や床、壁などに天然無垢の木材を使って建てられた家は、香りや肌触りなど体感すればすぐにわかる長所があります。そこで、国産無垢材外国産無垢材との長所短所を比較することで、特性をわかりやすくまとめてみました。

「木材へのこだわり」ページを見る>>

長く安心して住み続けられる強い構造

日本の気候風土に適した原材料を厳選すれば、素材自体は何百年も持つ家になります。さらに、健康住宅は木造建築となるので、耐震性耐久性をきちんと考えた家づくりも不可欠。詳細ページでは丈夫で長持ちする家づくりのポイントを紹介しています。

「長く安心して住み続けられる強い構造」ページを見る>>

一年中快適な温度で過ごせる住宅工法

近年よく目にする“夏涼しく冬暖かい家”とは、高性能な冷暖房設備に頼ったものではありません。断熱性や換気性、空間設計などにより自然に快適な状態を作ることができます。その建築工法とはどんなものか、詳細ページでご覧ください。

「一年中快適な温度で過ごせる住宅工法」ページを見る>>

シックハウス症候群にならないための家作り

住宅が原因で引き起こされるシックハウス症候群。原因や症状は多岐にわたるため、家づくりの段階からシックハウス症候群の対策を考えることが必要です。ここでは、シックハウス症候群の原因や症状だけでなく、家づくりに必要なこともご紹介しています。

「シックハウス症候群にならないための家作り」ページを見る>>

健康住宅を検討すべき人

健康住宅を考えるべきなのは、今不健康な住宅に住んでいる人。風通しが悪さや日当たりの悪さで、アレルギー等の症状を引き起こしてしまいます。不健康な家に進み続けるリスクと、健康住宅を考えるべきメリットについて、詳細ページで説明しています。

「健康住宅を検討すべき人」ページを見る>>

木の家VSコンクリートの家

シェアを伸ばしているコンクリートの家と、依然、住宅の過半数を占める木造。一概にどちらがおすすめとは言い切れないですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。木造とコンクリート造で迷っている方は是非参考にしてください。

「木の家VSコンクリートの家」ページを見る>>

地域別に厳選!健康住宅に強いおすすめ会社
特集

天然住宅ギャラリー

環境にも人にも優しい
天然無垢材住宅

施行例はこちら

素材を活かした
ぬくもりある自然住宅

施行例はこちら

夏は涼しく
冬は温かい省エネ住宅

施行例はこちら